がーぐぁのふん三昧

アクセスカウンタ

zoom RSS またダウン症予防の有効性も認められているので

<<   作成日時 : 2017/09/03 18:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

またダウン症予防の有効性も認められているので。

妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に葉酸が注目されている事をご存知ですか?水溶性ビタミンの一つである葉酸は、妊娠中の十分な摂取によって、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。


葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。



葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取がお勧めです。では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。



なぜかと言うと食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸の働きが活性化します。



一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、サプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。




今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。





具体的には、普段の食事に加えて充分な量の葉酸を摂取するように正式に厚生労働省が推奨しています。葉酸を十分に摂取することで、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。



葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。その場合には赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。



ですから無添加の葉酸サプリメントを見極めることも大事です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
またダウン症予防の有効性も認められているので がーぐぁのふん三昧/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる