ふと本棚を見ると増加中

気がつくと、本は後から後から増えています。無意識のうちに興味がある分野の本やすぐに必要な知識を吸収するための本、学友から勧められたタイトルがひしめいています。

高品質低コストのデジタル化の影響で、本の売れ行きが悪くて書店も苦戦しているようで増刷が途絶える本が増えていますが、また手にしたいと思える本は長い間置いておきたいと思うものです。幼稚園ぐらいの頃に読んでもらった覚えのある本を手に入れる事ができて、購入することができたら、それはもうとても大事な宝物です。

宝物だと思える本を少しずつ増やしていくことができる。これは本好き冥利につきますね。

絶版本は、再び買いたくても手に入らない可能性があるし、私自身の今までの行動では、手放してもまた買いなおしそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック