たかが体温と思うかもしれませんが

たかが体温と思うかもしれませんが。当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長時間の勤務となっているので、仕事中に仮眠をとることが可能です。

国の指針では、月に8回までとされていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。

働いている病院の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、過労になりやすいのも、看護師が高い割合で離職していく理由の一つかもしれません。


よくきく話として、看護スタッフが違う仕事場を求める訳としては、ステップアップと説明するのが良策です。たとえ事実であったとしても、元の仕事で人との関わりが辛かったとか、待遇が良くなかったといった、不満を転職理由にしてしまったら、相手側の心証を悪くしてしまいます。

要因として現にあったとしてもわざわざ報告するにはおよびませんから、建設的にキャリアを積もうとしているということを表明してください。




昨今は高齢化社会が進み、看護師は福祉施設などでもニーズが多くなってきているのです。

それだけでなく、大きな会社になると医務室があり、そこにも看護師がいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを実施しています。このような事例の場合は、社員としてその会社に入社することもあるようです。




看護師の国家試験は、年に1度催されます。看護師不足が問題となっている日本にとっては良いことに、直近数年において看護師資格の合格率はおよそ90%と非常に高い水準を推移しています。看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格を勝ち取ることのできる試験です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック